遊び心のある個性的な商品づくり
弊社のある新潟県加茂市は、新津丘陵の南側に位置し、東に粟ヶ岳、西には弥彦山を眺望できる風光明媚な地であり、古くから木工製品、とりわけ桐ダンスの産地として全国に知られています。また、歴史ある青海神社を中心に栄えた美しい町並みは、北越の小京都としても知られ、町の中心を流れる加茂川は、青海神社のある加茂山公園とともに市民に親しまれています。
弊社は、そんな加茂川のほとりに立地し、明治25年(1892年)の創業以来、120年余にわたり酒造業を営み、現在の社長で五代目となります。「萬寿鏡」という銘柄は、万葉集などの和歌に由来しますが、創業当時、所轄の税務署長が、おめでたい文字を当てて命名してくださったと聞いています。

弊社では定番酒から、淡麗で旨みのある高い品質の酒づくりに取り組む一方、「甕覗」をはじめとする、遊び心のある個性的な商品づくりを心がけています。
私どもの商品が、皆さまのご期待におこたえできますよう努力してまいります。

ワークショップから個展まで幅広く
マスカガミから川を越えてすぐのところに位置するギャラリー「WARE・HOUSE ⅡⅤⅥⅢ(ニゴロッサ)」。
マスカガミの屋号「にごろさ」由来の風情ある建物。大きな甕をはじめ、展示品のならぶ館内は、純米酒で作るローションのワークショップ、絵画の個展など訪れるだけではなく、楽しめるイベントも不定期で開催しています。
株式会社マスカガミ
住所: 〒959-1355 新潟県加茂市若宮町1丁目1−32
電話:0256-52-0041
MAIL:info@masukagami.co.jp